調布店ショールーム

ちょっと変わった(?)床 ~桐のフローリング編~

こんにちは

 

一般的な工事だけでは面白味がないかと思い、

見切り発車で始めた “ちょっと変わった” シリーズですが、

 

幾度か異動を重ねた末、、

 

写真が無いわ無いわ (;-;)

 

お客様との工事の思い出は、心の中に引きこもったまま

 

陽の目を浴びることはないのでしょうか。。。

 

シリーズ2回目にして、早くもシリーズ挫折の危機を感じつつも

OB様廻りで、あわよくば写真の回収を目論む今日この頃。

 

 

さて、本日は、(ちょっと変わった?) 床(フローリング)貼工事のご紹介をいたします!

 

その前に、、、

まず、「フローリング」というと、「複合フロア」と、「無垢フローリング」があります。

複合フロアとは、合板部分が集成材(作りによって強度も様々)、表面が突板もしくはシートで出来た床材のことを言います。

一般的に、フローリングと言うとこちらをイメージされる方が多く、また採用数も断然多いです。

反りが少なく品質も安定している、その上お手入れも容易、かつ低価格! という大きなメリットがあるからです。

近年、印刷等の技術も発達し、本物と見紛う程の複合フロアも、いくつも見られるようになりました。

 

「無垢フローリング」は、その名の通り、混じりけの無い、無垢な木のままのフローリングです。

本物の質感、木の香り、木の本来の特性を楽しめる上、調湿性、断熱性もある のが、無垢材のメリットです。

ただし、お手入れが大変、伸縮するので隙間ができる、その上金額もお高い! というちょっと癖ものなのです。

 

 

・・・さて、いつも通り、御託が長くなってしまいました・・・。

 

無垢材でも人気があるフローリングは、

チーク、オーク(なら)、バーチ(カバ)、メープル、チェリー、タモ、ウォールナット等でしょうか。

木によって、見た目、特長もさまざまです。また、同じチーク材でも、育った環境や地域で、全く違ったテイストになります。

面白いですね!

 

やっと本題です、

今日ご紹介するのは、ご存知 「桐」です!

日本では、箪笥(タンス)など、高級家具によく使われていますね。

他品種より、内部が多気孔であり(内部に空気がたくさん含まれているため)

「軽い」

「断熱性が高い(冬もひんやりしにくい)」

「調湿性が高い」

「柔らかい(足腰に優しい)」

 

という特長があります。

 

また、パウロニン、セサミン、タンニン等の成分を含んでおり、防虫、防腐性能も高いのです。

 

なるほど、高級箪笥に使われるのが分かりますね!

 

柔らかい=傷つきやすい というデメリットもありますが、

長い目で見ると、味も出ますし、傷の修復などもできるので、ちゃんと手を掛け、愛情を掛けてあげると、長持ちする床材ではあります!

 

そして、

私が桐をおススメした理由は、やはり、高い断熱性です。

 

寒い冬、床がひんやりしにくいのは、室内の快適性にとって大きなポイントです。

裸足で歩くと、歩き心地が最高にいい!

 

また、高級な桐を床材に使っているなんて、ちょっと自慢したくなりますよね。

 

加えて、見た目もカッコイイのです。

快適さと、おシャレは足元から なんて言いたくなります!

 

大変お待たせしました(笑)

実際の写真がこちらです!

20180220232747.jpg

↑ワックス前

↓ワックス後

20180220232840.jpg

 

20180220232916.jpg

 

無塗装品ですので、お客様と一緒にワックスをぬりぬり、、、多少のムラはご愛嬌

その良さを存分に活かすため、

今回は、100%自然塗料メーカーの アウロ社 のものを使用しました。

 

・・・。

 

やはりいいです。

さらに、苦労して塗っただけあり、私もとても愛着が沸きました。多少のムラはご愛嬌

手の掛かる子ほど可愛いものです!

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

複合フロアー、無垢フローリング。

 

一概に、どちらが良いとは言えません。

どちらが良いのか、どちらがお客様に合うのかは、お客様次第です。

 

より詳細にご説明をさせていただき、

お客様のご趣向やご要望を踏まえてご提案をいたしますので、

床の工事をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

 

なかなかできない、大事な工事です。

しっかり迷って、一緒に大満足の工事を実現させましょう!

 

優秀な大工さんとお待ちしております☆

(↓元ネタ)

https://suginami-nikka.com/blog/miyanishi_y/post-12681.html


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ